薬剤師に求められるスキルと転職

薬剤師

薬剤師でも人柄は大事


 薬剤師というと専門的な職業ですし、非常に稼ぎやすい仕事なので、転職もしやすいという傾向があります。ただ、これはすべての人に当てはまるとは限りません。転職がうまくいかない人の理由の一つが人柄です。

 面接の時だけしか性格などは見られないように思うかもしれませんが、そんなことはありません。履歴書や職務経歴書、また応募や問い合わせの時のメール対応や電話対応なども見られています。そしてそういったところでの対応が悪い場合は人柄が悪いと判断されて採用されないこともよくあることです。これはどうしてなのでしょうか。

 最も大きなのが、薬剤師は接客業務を含む、ということがあります。接客業務はやってきた患者さんにどういう症状か聞き出し、どういう薬なのかを説明するというものです。また、薬局によっては並べている店頭販売の商品に対しての説明なども必要になります。

 この時、態度が悪かったりするとクレームになりますし、お店の評判も落とすため、薬剤師は採用しない傾向です。スキルの一つに接客対応を入れているところもあるくらいです。また、同じ所で働く人とうまくやれるということも大事なことです。これはスキルがいくら良くても、性格が悪そうならば職場の和を乱すということがあるからでしょう。

コミュニケーション能力が求められる薬剤師


 薬剤師の方が転職を考える時は、給料が安いとか休みが少ないということが原因になることがあります。他にも自分のスキルをあげるために、研修制度が充実している病院や薬局で働きたいと考える人も多いです。

 薬剤師は薬の専門知識も必要ですが、それ以上にお客さんと上手にコミュニケーションがとれるコミュニケーション能力が大事になります。自分で新しい職場を探すのは、情報収集が難しいので大変ですが、求人サイトなどに登録して探すとスムーズに見つかりやすいです。求人サイトには専属のコンサルタントもいるので、いろんなアドバイスを受けられます。

 薬剤師のスキルの中にコミュニケーション能力というものがあります。お客さんとしっかりコミュニケーシがとれれば、よりお客さんにあった薬を提供できます。しかし、なかなか自分にはコミュニケーション能力がないと悩んでいる人は、研修制度がしっかりと整った病院や薬局に転職をするといいでしょう。

 自分で希望通りの求人を探すのは大変なので、求人サイトに登録して求人を探すといいでしょう。求人サイトでは、ハローワークや求人情報誌では公開していない未公開求人も紹介してくれるので、希望通りの求人がみつかりやすいです。

薬剤師の転職で必要なマネジメントはコミュニケーション能力


 薬剤師の転職で、採用担当者から求められるマネジメントには、コミュニケーション能力があります。これが優秀だと、年収の交渉もしやすいです。成功した場合、規定よりも20万円上がることもあり、見逃せないポイントです。

 コミュニケーション能力のスキルが高いというのは、それほど難しい要求ではありません。普通に会話をするのが上手な人や、患者に好まれる話が出来るなどのレベルです。実は、薬剤師の人はコミュニケーション能力が低いと思われているので、これが上手だと採用担当者の人の評価も高くなり、優秀な人材だと判断されやすくなります。

 薬剤師には、自分の仕事の成果以外に店舗全体の仕事が出来る能力が求められます。この場合、最も多いのが人間界の調整で、薬局は残業が多いと退職することが多くなるので、残業を減らす方法や店舗内の雰囲気作りなどが出来る人が評価が高くなります。

 この能力を身に付けるには、大きな声であいさつをしたり、元気がない人をフォローしたり、みんながやりたいようなイベントを主催したりするとよいです。

 他にも、薬歴の文言をと統一して、他の人の手間を少なくしたり、在庫管理や受発注の業務にシステムを導入して効率を良くしたりする方法もあります。

薬剤師の転職に必要な医療知識


 薬剤師は医療現場で医師と同様の重要な役割が期待されているため、医療知識のスキルも必要になってきます。せっかく効果の高い薬も間違った飲み方をすると、効果がなくなるだけでなく副作用をおこす危険性もあるので、しっかりと服薬指導ができるスキルも薬剤師には求められます。

 他にもコミュニケーション能力や責任感も必要になるので、転職する場合は自分に大事なスキルがあるのか検討するのが大事です。求人を探す場合は、自分だけで探すと希望通りの求人が見つからないので、求人サイトなどを利用して探すと自分にあった求人が見つかりやすいです。

 薬剤師の人は今の環境に不満があるので転職を考える人も多いです。いろんなスキルが必要になりますが、患者さんの症状にあわせて薬を処方するので医療知識も必要になります。患者さんの症状を上手に聞きだすことも大事なので、コミュニケーション能力も大事になってきます。

 求人を探す場合は、ハローワークなどでは基本情報しか収集できないので、求人サイトに登録して職場の雰囲気や残業、ノルマなどもあるかの情報を収集をするといいでしょう。求人サイトでは、高待遇の求人も紹介してくれるので、希望通りの求人が見つかりやすいです。

薬剤師の勉強会について


 薬剤師として転職をする場合には、ある程度のスキルが必要となってきます。どの職場でもしっかりと勉強会が行われているものです。そのような勉強会に参加をして、基本的なスキルを身につけることがとても大切になってきます。

 しっかりと知識をつけることで、患者さんに正しい指導をすることができます。患者さんの症状にあわせて、きちんとした薬を処方することもできるのです。薬剤師は、毎日勉強をして知識を深めることで、多くの人に信頼されます。患者さんのためにも、毎日しっかりと勉強をすることが大切なのです。

 薬剤師として働く場合には、薬の知識ももちろん大切です。しかし、同じくらい大切なのはコミュニケーション能力のスキルなのです。コミュニケーション能力が高いだけで、とても優秀な薬剤師としてみられることも多くなります。

 患者さんと会話をすることもできますし、仲間とも上手にやっていけることができるのです。調剤薬局などで働く場合には、少人数で働くことになるので、人間関係はとても重要になってきます。そのような場所でしっかりと仲良くすることができる人は信頼されます。薬の知識やコミュニケーション能力は大切です。

薬剤師にはパソコン操作スキルも必要


 薬剤師の業務を行うときには、パソコン操作が欠かせなくなっています。例えば調剤薬局だと、患者一人一人のデータを紙で保存すると大量な髪が必要ですし、その中から必要な情報を探すのは大変な作業になります。

 パソコンで管理することで、保管場所にも困ることもありませんし、効率よく素早く必要な情報を得ることが出来ます。

 パソコン管理は、患者のデータを参照したり、更新するときにパソコンの作業を行います。そのため、パソコンの基本的な動かし方や入っているソフトの使い方などの知識は必要になります。最低でも、ワードやエクセルなどは使えた方がよいです。

 パソコンなどITスキルがあれば、キャリアアップにもつながります。現在多くの業務は、パソコンを使ったものとなっていて、その知識があれば業務をより効率よくこなせるようになります。更に、転職ではITスキルがあるかが注目されます。

 専門の資格などを取得する必要はありませんが、持っていることで応募するときにもかなり印象は良くなります。パソコンに関しての高度な知識は不要ですが、事務作業に欠かせない簡単な操作方法などは最低限学んでおくことが大切です。

 パソコンでの作業は、薬剤師以外の職業でも現在は必要なことが多いので、学んでおいても損はありません。

成功する薬剤師転職のノウハウ